living dead i dolls
living dead i dollsのtwitter living dead i dollsのyoutube
Tweets by LDID_IDOL

9月6日(火) 渋谷354club

See More

Living Dead I Dolls 物販

LDID通常物販
物販の流れとしましては、
物販商品販売

囲みチェキ ※囲みチェキは現在告知のない日には基本的に行なっておりません
↓ 2shotチェキ (特典券の併用による撮影後の握手、サインも可)
↓ 特典券による握手、サイン (2shotチェキも可)
このような流れになっております。 ※物販中どのタイミングでも商品のお買い求めはは可能です。
●握手、サイン券…物販商品お買い上げ1000円ごとに1枚配布いたします。
※・1枚につきお好きなメンバー1名と、1分間の個別握手が行えます。
 ・1回の並びにつき1枚のご利用でお願いします。
 ・サインは私物にも行います。
●1or2shotチェキ券…1枚1000円
※・お好きなメンバー1名とチェキが撮れます。
 ・チェキを撮る際に自らメンバーへの接触行為、第三者が見て不快に感じるポーズは
  禁止とさせていただきます。
 ・特典券を同時に出していただきましたら、その場でサインをいたします。
  (特典券の利用は一回の並びで1枚までとさせていただきます。)
 ・チェキ券のご利用は原則1回の並びにつき1枚ですが、
  同じメンバーと2枚連続での撮影に限り2枚出すことができます。
●囲みチェキ…チェキ券3枚
※・特典券の利用はできません。
●デモ音源…1000円
※・3曲入り+おまけ
●Tシャツ…3000円

※個別握手、2shot撮影の際にメンバーに対する誹謗中傷行為、公序良俗に反する行為、
 セクシャル・ハラスメント発言や行為、プライベートを聞き出す行為、
プレゼントやお手紙の直接手渡し行為をLDIDの物販では禁止いたします。

Living Dead I Dolls ルール

いつもLiving Dead I Dollsを応援してくださり心より感謝しております。


LDIDが皆様に楽しんで見ていただけるように、簡単なルールを設けさせていただきます。


●イベント中のルール
・周囲の人に迷惑がかかる行為の禁止(人に怪我をさせるような行為、物を投げる等)
・ライブ中、物販中の写真撮影、動画撮影の禁止(イベントによって許可いたします)
※発見しましたらデータの削除をお願いすることがあります、ご了承くださいませ。

※イベント関係者またはLDID運営陣の注意に従って頂けず、
 ライブ中の禁止行為、物販での禁止行為を行った場合LDIDのファンに相応しくないと判断し、
 今後のイベントへのご参加をお断りする場合があります。

Living Dead I Dolls新メンバー募集

主催:Dual Eye Record.

【募集締切】

2017/8/31

【募集内容】

2017年1月にデビューしたアイドルグループLiving Dead I Dollsは都内を中心に精力的に活動をしてまいりましたが、8月27日に目黒鹿鳴館にて行われるワンマンライブを持って一時活動を休止します。 そこで活動休止後に一緒に活動をしていくための追加メンバーを募集します。

【応募資格】

・東京都内~全国での活動ができる15歳~25歳までの女性
・経験不問。
・応募時点で特定の芸能プロダクション・事務所等と契約しておらず、合格後、Dual Eye Record.と契約が可能な方。
・未成年者は保護者の同意が必要(参加時点では保護者の同意がなくても、合格後に同意を得られれば可)

【応募方法】

○応募先アドレス
dualeyerec@gmail.com

 応募の際メールで頂きたいもの
○お名前
○ふりがな
○メールアドレス
○生年月日
○出身地
○趣味
○特技
○芸歴
○顔写真
 ※バストアップ
 ※プリクラ等、加工された写真は不可
○全身写真

◆問合せ先◆

Dual Eye Record.

 Mail:dualeyerec@gmail.com

担当:石岡

各種お問い合わせ

氏名、メールアドレス、送信内容をご記入下さい。 送信された内容はスタッフが確認次第返信させて頂きます。
一週間以上返信がない場合は大変お手数ですがもう一度お問い合わせください。
尚、送信内容によってはご返答しかねるものもございますので予めご了承下さい。
※携帯メールでのPC拒否を設定されている場合メールが届かない場合があります。 必ずPCメール拒否解除をお願いします。

公式の記載通りラウドロックをサウンドの主軸とした「アガパンサス」「I DOLL?」に加え、「Leady」「ALiVE(CD未収録)」といったデスメタルナンバーも存在。 それでいてゴシックな衣装に身を包んでいるため様式的にはゴシックメタルといえるのかもしれないけど、そこはコンセプトを汲んでデスメタルとしておきたいというかもっと言えば「リバイヴ・メタル」と表現すべきなのかもしれない。そんな世界観ゆえかこの音楽性の中にジャズを織り込んでもバシッとハマったりする。動画も公開されていない未発表曲には、ヘヴィーなラウドロックからサビでメジャーコードのアイドルポップに華麗にシフトチェンジ、したかと思えば間奏でがっつりジャズをキメる…といった曲もあるし(これめちゃくちゃ好きだった)、メンバーの花桃さとみさんの生誕ライブで初披露・デモ配布が行われた新曲「it's show time!!!」になるともう全編通してジャズロック・ブギーという具合。 というか何を隠そう「it's show time!!!」については花桃さとみさん自ら作詞・作曲を手掛け、ピアノで演奏参加もしています。そもそも加入前はとみにか共和国を名乗り、作詞・作曲・編曲・プログラミング・ミックス・マスタリングまで自身ですべてこなすソロアイドル兼DJ兼音楽家として活動、さらに楽曲提供やサポートミュージシャンとしてのライブ参加もこなすという経歴を持っています。なので個人的にはアイドルというよりミュージシャン・アーティストとして見ています。鼻歌を書き起こしてもらって作曲クレジットされてるタイプのアイドルとは違って、理論だったりスキルだったりそのジャンルのセオリーだったりをしっかり押さえていてクオリティが高いです。(まあ自分自身音楽理論とかわかる人ではないのですが、聴いてきた経験上やっぱり経験値とそれに伴うセンスがあって作れる曲だなあ、と思った次第です)ソングライターとしてもますます期待。 関係ないですがメンバーの八屋いち架さん、写真が盛れてなさすぎです笑 本物のほうが可愛かったですね~。 そんな彼女の音楽的なルーツはジャズだそうで、当時仕事でお会いした際に影響を受けたミュージシャンを尋ねたところ、バド・パウエル、レッド・ガーランドを挙げていました。 というわけで見事に本領発揮といった具合でぶち込んだジャズナンバーは見事にグループの音楽性と融合しその世界観を拡張するに至ったのでした。 ソロバージョンの試聴音源が公開されています。実のところ歌詞が非常に内向的なのでソロ歌唱のほうが沁みるものがありますが、フルサイズは先述の生誕ライブの予約特典でのみ配布されたものなので現在入手は難しいです。